レントゲンの日

科学・技術

11月8日は「レントゲンの日」です。

1895年のこの日、ドイツのレントゲン博士がX線を発見しました。

真空管に高電圧をかけて実験をしている時に、真空管の外に置かれた蛍光紙の上に光の線が表れたのに気付きました。1000ページある厚さの本でもこの光は透過しました。

レントゲン博士は、この謎の光に「正体不明」という意味で「X線」と名づけたのです。

その後、1901年に博士は第1回ノーベル物理学賞を受賞しました。