消費期限と賞味期限

生活・健康
スポンサーリンク

消費期限と賞味期限、似てる言葉ですが、意味が違います。

消費期限とは、その日までに消費すれば安全に食べられるという期限のことをいいます。弁当・調理パン・豆腐・刺身などの日持ちのしない食品につけられています。「その日までに食べきってください」という意味です。

一方の賞味期限は、その日までは美味しく食べられるという期限です。比較的痛みにくい食品に記載されています。3か月以内のものは年月日で、3か月を超えるものは年月で記載されています。期限を過ぎても品質上の問題はないものの味は落ちていきますという意味です。しかし、永遠に食べられるわけではないので、ある程度期限を過ぎたものは慎重に判断しましょう。

消費期限も賞味期限も、どちらも未開封が前提の期限です。