更年期障害って?

生活・健康
スポンサーリンク

更年期とは、閉経前後の45歳~55歳くらいの期間を更年期といいます。

更年期には卵巣の働きが低下して、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少します。

するとホルモンのバランスが乱れ、身体の不調や自律神経、精神状態の不調が起きるのです。

症状はさまざまで個人差も大きいですが、一般的には、動悸や息切れ、発汗異常、のぼせ、ほてり、肩こり、頭痛や腰痛、手足のしびれ、めまいや耳鳴り、イライラ、うつ状態や不安感、食欲不振、不眠など。

更年期障害は治療法があるので、産科、婦人科、産婦人科などで相談しましょう。