スズメバチ

自然・生物
スポンサーリンク

スズメバチの名前の由来は、「大きさが雀ほどもある」、「巣の模様が雀の模様に似ている」ことからついたようです。

働き蜂は7月頃から羽化を始め、9月~10月に集団の個体数が最大になり、営巣活動の真っ最中のため刺される被害が多くなる時期です。

ハチに刺され死亡する人は年間約30人。

巣から10m以内に近づくと「カチカチ」という警戒音を出し威嚇します。

香水などの香り、黒い服なども興奮させるおそれがあるので控えた方がいいでしょう。